女性

入金確認作業の負担を軽減

入金確認を手作業で行っている企業は、社員に余計な負担をかけてしまっている可能性を考えて、消し込みを自動化してくれるソフトを活用してください。金融機関との情報のやり取りもスムーズに行えるようになり、社員の負担を軽減できます。

詳しく見る

男性

業務の生産性を高めるには

ワークフローとは、ある業務について作業の流れを明確にし、そこへ役割分担や必要な文書などを書き込むことで業務の進捗や問題点を明確化できるツールのことを指します。それは紙に記して運用されます。しかし、最近は電子化され、データとして管理されます。

詳しく見る

チャット

会社の連絡システムの整備

会社内での業務連絡を早く確実なものにするチャットツールの導入をする際には、費用とサービス内容をしっかり説明してもらいましょう。アフターケアがしっかりしているかも重要となるので、評判をチェックする差にはそのあたりをよく見るべきです。

詳しく見る

面接

人事に関する効率の上げ方

面接システムの導入は人事に関する業務の効率化と遠いところにいる人材の採用、そしてかかるコストの低下など多大なメリットが存在します。早めに人事にシステムを組み込んで、会社の人事業務を円滑なものにしましょう。

詳しく見る

タイピング

マネジメントをする

社会人になり、それなりに責任を持つ職層に就くことが出来るようになると、業務プロジェクトのリーダーになって先頭に立たないといけなくなります。その場合、業務プロジェクト管理が必要になるのです。この管理の最も有効とされる手法の一つが「プロジェクトマネジメント」です。

詳しく見る

チームを管理するコツ

男女

社員の才能を見分ける

プロジェクト管理をするために高性能なツールを導入したにもかかわらず、機能を使いこなそうともせず、ただタスクの進捗を眺めているだけという企業も少なくありません。タスクの進捗が遅れているチームに対して、叱咤激励を送るだけでプロジェクト管理をしているような考えにならないよう、ツールの機能を活用してみてください。プロジェクト管理ツールはチーム単位ではなく、社員一人ずつのタスクの状況を確認できるので、社員がどういった作業を得意としているのか判別しやすくなります。チーム内で一人だけタスクの進捗が遅れている社員を見かけたら、ただ仕事をサボっていたり才能が無いと考えるのではなく、他のタスクを割り当ててみてください。自分に割り当てられる仕事を少し変えてもらうだけで、社員の作業効率が一気にアップしたという例も珍しくありません。ツールが集計したデータを眺めているだけで、社員の作業効率の変化も一目で理解できますから、社員の才能を見極めるためにもプロジェクト管理ツールを役立ててください。プロジェクト管理ツールは社員の実績も記載できるので、チーム内の誰を新入社員の教育担当にするか設定するのも簡単です。チーム全体の成長を促すためにも、教育担当社員の成果などもプロジェクト管理ツールで確かめる事をおすすめします。どれぐらいのペースでタスクが進行しているのか、グラフなどにまとめる事もできますから、社員教育の成果は一目で確認しやすいです。

Copyright© 2017 プロジェクト管理システムを利用しよう【社員教育の進捗が確認可能】 All Rights Reserved.