マネジメントをする

タイピング

WBSによる管理とは

サラリーマンになり、管理職や監督職等、それなりに責任を持つ職層になると、業務プロジェクトのリーダーを任せられます。中でも得意先や取引先を含めたプロジェクト管理を円滑に進めることは大変難しく、リーダーとして悩んでいる方も多いことでしょう。こういった業務プロジェクト管理において、最も有効とされる手法の一つが「プロジェクトマネジメント」です。プロジェクトマネジメントは、プロジェクト管理を円滑に進めることを可能にするフレームワークです。得意先や取引先の要件を聞き出すヒアリングシートや要件定義の設定方法、課題リスト管理手法など様々なフレームワークがあります。そのなかでも、進捗を管理する、「Work Breakdown Structure(WBS)」の活用は非常に有効な手段といえます。このWBSは、プロジェクトを進めるための作業(タスク)を、一つ一つ分割して、「実施期間」「工数」「成果物」等を設定し、成功までのストーリボードを作ることによりプロジェクト管理する手法です。この例として最もよく使われるのは、「カツサンド」の作り方で例えられます。カツサンドを間違いなく作ろうとしたら、「材料を準備する」「下ごしらえをする」「調理する」といった大きな工程を設定し、さらにその工程一つ一つを更に細分化し、「実施期間」「工数」「成果物」を設定していく必要があります。例えば、準備1つとっても、「食パン」「バター」「肉」等を、いつどこで準備するかを考え計画する必要があるわけです。これを、ビジネスに当て込み細かく計画することで、進捗状況を明確にするとともに、発生するリスクにたいする対策ができるわけです。

Copyright© 2017 プロジェクト管理システムを利用しよう【社員教育の進捗が確認可能】 All Rights Reserved.